×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  コラム一覧»  軟水と硬水の違いとは?

水にも種類がある?!軟水と硬水の違いについて

ミネラルウォーターが普及して、水に軟水と硬水があることは広く知られるようになりました。とはいえ、「軟水の方が飲みやすいっていうけどなぜ?」「硬水って硬い水?なにが硬いの?軟らかい水ってなに?」そう思っている人も多いのではないでしょうか。軟水と硬水の違いについてお伝えします。

軟水と硬水の違いとは?含まれている成分について

軟水と硬水の違いとは?含まれている成分について

口当たりが明らかに異なる軟水と硬水の違いは、飲むとすぐにわかります。その異なる口当たりは水に含まれているミネラルによるもので、軟水は硬水に比べてミネラルの含有量が少ないため、まろやかで飲みやすい味わいなのです。

このミネラルが水1リットルあたりに含まれている量を表す数字が硬度であり、WHOの区分では硬度120以下の水、日本の一般的区分では硬度100以下の水が軟水と定義されています。日本の水は硬度80程度が多いので、かなりの軟水といえます。硬水の水は、口当たりが重たく、舌にまとわりつくような味わいです。

ミネラルウォーターは軟水がおすすめ

ミネラルウォーターは軟水がおすすめ

クセのない軟水は、風味を大切にし、繊細な味付けをする日本料理に適しています。とくに、風味を水に移す出汁には、軟水が欠かせません。また、香りを楽しむ紅茶やコーヒーも、軟水が適しています。ミネラル分が少ない軟水は、体への負担も少ないという特徴があります。

そのため、胃腸が未発達である赤ちゃんや小さなお子様への水分補給は、硬水よりも軟水がおすすめです。硬水が主流である海外で肌や髪を洗うと、乾燥してしまうという方が多くいらっしゃいます。それは、含まれているミネラル量が多いため、肌や髪にダメージを与えやすいからだと考えられています。

また、軟水の水は、ミネラルの含有量が少ないだけでなく、体のミネラル成分のバランスに近いとされています。そのため、体への吸収が早いことから、美容や健康維持にも軟水がおすすめなのです。

株式会社ムラオでは、自然から生まれたおいしいミネラルウォーター「魚沼の水」を通販でお届けいたします。「魚沼の水」は、おいしい水の要件である硬度の基準内であり、硬度16で爽やかな口当たりで飲みやすいミネラルウォーターです。「魚沼の水」は用途で使い分けられる2リットル、500ミリリットルをご用意しています。

魚沼のミネラルウォーターをお求めなら株式会社ムラオ

会社名
株式会社ムラオ
代表者名 村尾 隆
住所 〒948-0003 新潟県十日町市本町6の1丁目251-1
TEL 025-755-8011
FAX 025-757-1526
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日・日曜日・祝日
メールアドレス info@o2water.jp
ホームページ https://www.o2water.jp
取扱商品 
飲料水
許認可・資格
新潟県南魚沼保健所
 食品営業許可 南魚保第25-261号 清涼飲料水製造
(社)新潟県食品衛生協会 修了