×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  コラム一覧»  水に恵まれている日本

安心・安全の水大国日本!日本の風土から生まれた水は軟水で飲みやすい

日本ではおいしい水が簡単に手に入りますが、海外では安全な水を飲むことやおいしい水にありつくことが難しいこともあります。日本は、世界でも数少ないおいしい水が簡単に飲める国なのです。日本が水に恵まれている理由、海外と日本の水の違いとはどのようなことがあるのでしょうか。

日本が水に恵まれている理由とは?

日本が水に恵まれている理由とは?

日本は、梅雨や台風、雪など気候に恵まれ、さらに水道管やダムなどのインフラ整備が充実しています。

世界最高水準の上水道普及率

日本の上水道普及率は、一般的な住宅においてほぼ100%です。そのため、家庭では安全でおいしい水を飲むことができます。

豊富な貯水施設

山が多い日本は、ダムを建設しやすいという特徴があります。そのため、ダムなどの貯水施設が充実しており、一年を通して水を安定して利用できるのです。

定期的に雨が降る

日本は世界の中でも、比較的雨が多い国です。全国的に適度に雨が降ることもあり、水に困ることが少ないのです。

日本と海外の水の違いについて

日本と海外の水の違いについて

日本の水のほとんどが、硬度の低い軟水です。国土が狭いうえに河川が短いので、天然水が地中を通過する期間が短く、ミネラルを多く含まない軟水が多くなっています。一方、海外では、地下から地表に出てくるまでの期間が長く、さらに河川も長いのでミネラルを多く吸収した硬水が多いのです。

もっとも、硬水と軟水の差は国土の狭さだけでなく、地質によるところも大きいのです。石灰質の地質ですと、硬水になりやすくなります。日本と同じ島国なのに、硬水地域の多い英国もそうです。硬水の地域ですと、飲み水だけでなく使う水により、肌が荒れたり、髪がごわついたりします。

含まれているミネラルの影響で石鹸が水に溶けにくいということがあり、洋服に洗剤が残ってしまうこともあるのです。また、硬水は口当たりが重く、軟水を飲みなれている人にとっては、飲みづらいと感じることもあります。

日本では、おいしい水を飲むことができます。とくに、魚沼の水は、超軟水でまろやかな味わいがおいしい水です。そんな魚沼の水をお求めでしたら、株式会社ムラオでお求めください。株式会社ムラオでは、ノベルティとして活用できるオリジナルラベルの魚沼の水もご用意いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

「魚沼の水」をお求めなら株式会社ムラオ

会社名
株式会社ムラオ
代表者名 村尾 隆
住所 〒948-0003 新潟県十日町市本町6の1丁目251-1
TEL 025-755-8011
FAX 025-757-1526
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日・日曜日・祝日
メールアドレス info@o2water.jp
ホームページ https://www.o2water.jp
取扱商品 
飲料水
許認可・資格
新潟県南魚沼保健所
 食品営業許可 南魚保第25-261号 清涼飲料水製造
(社)新潟県食品衛生協会 修了