×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  コラム一覧»  おいしい水研究会による「おいしい水の要件」

「おいしい水が飲みたい!」水を選ぶ時の参考になる「おいしい水の要件」とは?

「おいしい水の水質要件」があることを知っていましたか?水には、おいしい水とおいしくない水があります。ほとんどのおいしい水は、「おいしい水の水質要件」を満たしています。「おいしい水の水質要件」とはどのようなものがあるのでしょう。

おいしい水研究会ってなに?何の活動をしているの?

おいしい水研究会ってなに?何の活動をしているの?

高度成長期にあった日本の水源は工場や家庭から排出される水によって水源が汚れていました。その結果、水道水はカビ臭、カルキ臭を発するおいしくない水となってしまったのです。

水道水のまずさに危機を感じ、昭和59年に厚生省(現在の厚生労働省)が発足させたのが、「おいしい水研究会」です。「おいしい水研究会」は水道水を分析し、水質を細かく分類し、数値を測定して、おいしい水の要件を分かりやすくまとめました。

おいしい水の要件を見てみよう

おいしい水の要件を見てみよう

おいしい水研究会は水質を7項目に区分して、それぞれの要素において「おいしい水を構成する数値」を決定しました。その7項目とは、「水温」「残留塩素」「硬度」「蒸発残留物」「過マンガン酸カリウム消費量」「遊離炭酸」「臭気度」です。それぞれの項目について説明します。

水温

20度以下の水が、おいしく感じます。しかし、冷えすぎると口の中がマヒするため旨味を感じにくくなってしまいます。

残留塩素

消毒している水道水等は、塩素によるカルキ臭が残っています。残留塩素が高くなればなるほど、カルキ臭が強くなるためまずく感じます。

硬度

カルシウム、マグネシウムの含有量を示します。硬度が高い水は口当たりが重く、苦みがあります。

蒸発残留物

水道水が蒸発した際に残る白いミネラル分などの物質を示します。適度に含まれているとまろやかですが、多すぎると苦みや渋みが増してしまいます。

過マンガン酸カリウム消費量

水に含まれている有機物量を示します。この数値が高い水は、渋みがあります。

遊離炭酸

水に溶けている炭酸ガスのことです。多すぎすると刺激が強く、まろやかさを感じにくくなります。

臭気度

消毒のために入れている塩素以外の臭いの度合いを示します。

おいしいお水をお求めでしたら、株式会社ムラオでご購入ください。おいしい天然水「魚沼の水」をご用意しています。爽やかな口当たりがおいしいと感じる天然水「魚沼の水」は、定期購入もできるので毎日の水分補給にぴったりです。ご家族で、安心してお飲みいただける天然水「魚沼の水」をぜひ通販でお求めください。

魚沼の天然水をお求めなら株式会社ムラオ

会社名
株式会社ムラオ
代表者名 村尾 隆
住所 〒948-0003 新潟県十日町市本町6の1丁目251-1
TEL 025-755-8011
FAX 025-757-1526
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日・日曜日・祝日
メールアドレス info@o2water.jp
ホームページ https://www.o2water.jp
取扱商品 
飲料水
許認可・資格
新潟県南魚沼保健所
 食品営業許可 南魚保第25-261号 清涼飲料水製造
(社)新潟県食品衛生協会 修了